製品基本情報

4.効能又は効果

根治切除不能なメルケル細胞癌

根治切除不能又は転移性の腎細胞癌

5.効能又は効果に関連する注意

    〈根治切除不能又は転移性の腎細胞癌〉

  1. 5.1本剤の術後補助療法における有効性及び安全性は確立していない。

6.用法及び用量

〈根治切除不能なメルケル細胞癌
通常、成人にはアベルマブ(遺伝子組換え)として、1回10mg/kg(体重)を2 週間間隔で1時間以上かけて点滴静注する。

〈根治切除不能又は転移性の腎細胞癌〉
アキシチニブとの併用において、通常、成人にはアベルマブ(遺伝子組換え)として、1回10mg/kg(体重)を2週間間隔で1時間以上かけて点滴静注する。

7.用法及び用量に関連する注意

    〈根治切除不能なメルケル細胞癌〉

  1. 7.1他の抗悪性腫瘍剤との併用について、有効性及び安全性は確立していない。

    〈効能共通〉

  1. 7.2本剤の投与時に発現することがあるinfusion reactionを軽減させるため、本剤投与前に抗ヒスタミン剤、解熱鎮痛剤等の投与を行うこと。[8.9、11.1.13参照]
  2. 7.3本剤投与により副作用が発現した場合には、以下の基準を目安に、本剤の休薬等を考慮すること。

副作用発現時の用量調節基準

副作用 程度 処置
間質性肺疾患 Grade 2の場合 Grade 1以下に回復するまで休薬する。
Grade 3、4 又は再発性のGrade 2の場合 本剤の投与を中止する。
肝機能障害 AST若しくはALTが基準値上限の3〜5倍、又は総ビリルビンが基準値上限の1.5〜3倍に増加した場合 Grade 1以下に回復するまで休薬する。
AST若しくはALTが基準値上限の5倍超、又は総ビリルビンが基準値上限の3倍超に増加した場合 本剤の投与を中止する。
大腸炎・下痢 Grade 2又は3の場合 Grade 1以下に回復するまで休薬する。
Grade 4又は再発性のGrade 3の場合 本剤の投与を中止する。
甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、副腎機能不全、高血糖 Grade 3又は4の場合 Grade 1以下に回復するまで休薬する。
心筋炎 新たに発現した心徴候、臨床検査値又は心電図による心筋炎の疑い 休薬又は投与中止する。
腎障害 Grade 2又は3の場合 Grade 1以下に回復するまで休薬する。
Grade 4の場合 本剤の投与を中止する。
infusion reaction Grade 1の場合 投与速度を半分に減速する。
Grade 2の場合 投与を中断する。患者の状態が安定した場合(Grade 1以下)には、中断時の半分の投与速度で投与を再開する。
Grade 3又は4の場合 本剤の投与を中止する。
上記以外の副作用 Grade 2又は3の場合 Grade 1以下に回復するまで休薬する。
Grade 4又は再発性のGrade 3の場合
本剤の投与を中止する。
副作用の処置としての副腎皮質ホルモン剤をプレドニゾロン換算で10mg/日相当量以下まで12週間以内に減量できない場合
12週間を超える休薬後もGrade 1以下まで回復しない場合

※:GradeはNCI-CTCAE(Common Terminology Criteria for Adverse Events) v4.0に準じる。

PAGE TOP

PAGE TOP

本サイトに掲載された製品情報は日本の居住者のみを対象としており、国によって製品表示が異なる場合があります。

医療関係者の方へ
ご利用上の注意

このサイトは、医療用医薬品に関する情報を
医療関係者(医師・薬剤師・看護師等)の方を対象に
情報提供することを目的としています。
一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

あなたは医療関係者ですか?